Wiki

Top 15 非 乾酪 性 肉芽 腫 クローン 病

トピック非 乾酪 性 肉芽 腫 クローン 病に関する情報と知識をお探しの場合は、kthn.edu.vnチームが編集および編集した次の記事と、次のような他の関連トピックを参照してください。

非 乾酪 性 肉芽 腫 クローン 病

キーワードの画像: 非 乾酪 性 肉芽 腫 クローン 病

非 乾酪 性 肉芽 腫 クローン 病に関する最も人気のある記事

1. クローン病(指定難病96)

  • 作成者: www.nanbyou.or.jp

  • レビュー 3 ⭐ (3415 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 クローン病(指定難病96) 治療にあたっては患者にクローン病がどのような病気であるかを良く説明し、患者個々の社会的背景や環境を十分に考慮し、治療法を … 非乾酪性類上皮細胞肉芽腫<注2>

  • 一致する検索結果: ○ 概要
     
    1.概要
    本疾患は原因不明で、主として若年者にみられ、潰瘍や線維化を伴う肉芽腫性炎症性病変からなり、消化管のどの部位にも起こりうる。消化管以外(特に皮膚)にも病変が起こることがある。当初の報告では回腸末端を侵す(回腸末端炎)と記載されたが、その後口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に起こりうることがわかった。臨床像は病変の部位や範囲によって多彩である。発熱、栄養障害、貧血などの全身症状や関節炎、虹彩炎、肝障害などの全身性合併症が起こりうる。
     
    2.原因
    原因は不明。現在のところ遺伝的因子、環境因子(ウイルスや細菌などの微生物感染、腸内細菌叢の変化、食餌性抗原など)…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.nanbyou.or.jp/entry/219″ width=”600″]

2. クローン病 – 01. 消化管疾患 – MSD Manuals

  • 作成者: www.msdmanuals.com

  • レビュー 3 ⭐ (5476 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 クローン病 – 01. 消化管疾患 – MSD Manuals クローン病-病因、病理生理学、症状、徴候、診断および予後についてはMSDマニュアル- … 非乾酪性肉芽腫はリンパ節,腹膜,肝臓,および腸壁全層に起こりうる。

  • 一致する検索結果: このカテゴリーには,経口摂取が可能で,毒性,圧痛,腫瘤,閉塞の徴候が認められない外来患者が含まれる。 5-ASA メサラジン(5-ASA,アミノサリチル酸) 炎症性腸疾患には,いくつかのクラスの薬剤が役立つ。これらの選択および使用の詳細については,各疾患の項目で述べる( クローン病の治療および 潰瘍性大腸炎の治療を参照)。 ( 炎症性腸疾患の概要も参照のこと。) 5-ASAはプロスタグランジンおよびロイコトリエンの産生を阻害するほか,炎症カスケードに対して有益な効果をもたらす。5-ASAは腸管内でのみ活性を示し,上部小腸で急速に吸収されるため,経口剤は吸収が遅延するように製剤化する必…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB/01-%E6%B6%88%E5%8C%96%E7%AE%A1%E7%96%BE%E6%82%A3/%E7%82%8E%E7%97%87%E6%80%A7%E8%85%B8%E7%96%BE%E6%82%A3%EF%BC%88ibd%EF%BC%89/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%97%85″ width=”600″]

3. クローン病ってどんな病気? – カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患

  • 作成者: nomu-capsule.jp

  • レビュー 4 ⭐ (33214 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 クローン病ってどんな病気? – カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患 組織を取って調べた時に、炎症性の細胞の集まりである非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫があると、クローン病に特異的な所見となります。 主な自覚症状は腹痛・下痢・全身倦怠感 …

  • 一致する検索結果: 「小腸の働き、小腸の病気と症状、小腸カプセル内視鏡」 藤森俊二 先生(日本医科大学 千葉北総病院 消化器内科 部長)

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://nomu-capsule.jp/intestines/crohn/” width=”600″]

4. Crohn病診断における類上皮細胞肉芽腫の意義 (胃と腸 51巻11 …

  • 作成者: webview.isho.jp

  • レビュー 3 ⭐ (1446 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 Crohn病診断における類上皮細胞肉芽腫の意義 (胃と腸 51巻11 … 類上皮細胞肉芽腫の検出はCDの確定診断に重要であり,病初期や非定型例の診断には特に有用である.肉芽腫の検出は複数回の生検や上部消化管生検の併用 …

  • 一致する検索結果:

    細胞工学(一部の論文のみ)
    生体の科学
    公衆衛生
    臨床雑誌内科
    medicina
    総合診療

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.11477/mf.1403200747″ width=”600″]

5. 非乾酪性類上皮細胞肉芽腫―臨床の立場から (胃と腸 31巻4号)

  • 作成者: webview.isho.jp

  • レビュー 4 ⭐ (33307 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 非乾酪性類上皮細胞肉芽腫―臨床の立場から (胃と腸 31巻4号) 要旨 1995年に提案された新しいCrohn病診断基準改訂案における非乾酪性類上皮細胞肉芽腫(肉芽腫)の取り扱いや運用上の留意点について,症例を呈示し …

  • 一致する検索結果:

    細胞工学(一部の論文のみ)
    生体の科学
    公衆衛生
    臨床雑誌内科
    medicina
    総合診療

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.11477/mf.1403104112″ width=”600″]

6. 炎症性腸疾患Inflammatory Bowel Diseases (IBD)

  • 作成者: www.c-mei.jp

  • レビュー 4 ⭐ (27607 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 炎症性腸疾患Inflammatory Bowel Diseases (IBD) 大腸にも生じ、時には食道・胃など消化管全てに発生することもある。クローン病では病理組織学的に結核に似た類上皮細胞肉芽腫を見るが、結核と違い乾酪 …

  • 一致する検索結果:

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”http://www.c-mei.jp/BackNum/097r.htm” width=”600″]

7. 炎症性腸疾患外科 診療案内 クローン病の治療

  • 作成者: www.twmu-ige.jp

  • レビュー 3 ⭐ (13617 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 炎症性腸疾患外科 診療案内 クローン病の治療 腸の全層に炎症が及ぶため、腸が狭くなったり(狭窄)腸に穴が開いたり(穿孔)、お腹の中に膿を持ったりすることがあります。 病変部位を顕微鏡でみると非乾酪性肉芽腫 …

  • 一致する検索結果: 従来、クローン病の治療は、病態の重症化に従い、治療強化をしていくステップアップ療法が行われてきました。しかしながら、内科治療で強力な有効性を持つ薬物が開発されて病態の程度にかかわらず,はじめから最も強力な薬剤を選択する,というトップダウン療法も選択肢となりました。また、内科治療では制御しにくい病巣を手術で切除してしまってから強力な治療を行い長期の寛解を維持しようというリセット療法も行われるようになりました。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.twmu-ige.jp/surgery/inflammatory_bowel_disease/crohns_disease_and_treatment/” width=”600″]

8. クローン病診断基準 (22001133 年 11 月改 訂)

  • 作成者: www.hyo-med.ac.jp

  • レビュー 4 ⭐ (37606 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 クローン病診断基準 (22001133 年 11 月改 訂) クローン病診断基準 (22001133 年 11 月改 訂) … [1]非乾酪性類上皮細胞肉芽腫(局所リンパ節にもみられることがある)〈注 5〉. [2]全層性炎症〈注 6〉.

  • 一致する検索結果: The requested URL was not found on this server.

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”http://www.hyo-med.ac.jp/department/ibd-im/data/crohn.pdf” width=”600″]

9. クローン病 – 大和内科・消化器内科クリニック

  • 作成者: www.yamatoclinic.com

  • レビュー 4 ⭐ (35310 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 クローン病 – 大和内科・消化器内科クリニック 縦走する潰瘍や、炎症の結果として粘膜が敷石状に見える変化が特徴的です。病理組織学的検査では、’非乾酪性類上皮細胞肉芽腫’といわれる特徴的な所見がみられます。大腸内 …

  • 一致する検索結果: 小腸、大腸を中心とする消化管に炎症を起こし、びらんや潰瘍を生じる慢性の疾患です。クローンとは、最初にこの病気を報告した医師の名前です。20代に最も多く発症しますが、ほかの年代にもみられます。潰瘍性大腸炎と似ている点も多く、両者は「炎症性腸疾患」と総称されます。 潰瘍性大腸炎と同様に、我が国では急速に患者数が増加しています。一方、潰瘍性大腸炎の炎症が大腸に限り、かつ粘膜内に起こるのに対して、クローン病の炎症は小腸を含めた消化管の全域に起こり、炎症の深さも筋層まで及ぶという特徴があります。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.yamatoclinic.com/sick/clone.html” width=”600″]

10. 肉芽腫 – Wikipedia

  • 作成者: ja.wikipedia.org

  • レビュー 3 ⭐ (7882 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 肉芽腫 – Wikipedia 肉芽腫(にくげしゅ、英語: granuloma)は、炎症反応による病変のひとつであり、顕微鏡的に類上皮 … クローン病患者の非乾酪性肉芽腫(ヘマトキシリン-エオジン染色) …

  • 一致する検索結果: こうして貪食をしたが異物を分解できないマクロファージが類上皮細胞となる。またこれらの貪食細胞がT細胞由来のインターロイキン-4やインターフェロンγなどのサイトカインによって遊走能を抑制され、融合して巨細胞となる。線維化、瘢痕化はマクロファージ由来のインターロイキン-1などによって起こる。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%89%E8%8A%BD%E8%85%AB” width=”600″]

11. クローン病の原因と治療方法について – 美馬内科クリニック

  • 作成者: www.mima-naika.com

  • レビュー 4 ⭐ (25539 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 クローン病の原因と治療方法について – 美馬内科クリニック そのため、クローン病を確定診断する際には、「病変は連続性か、それとも非連続性で、病変と病変の間に正常組織があるか? … C.非乾酪性類上皮細胞肉芽腫(※注2).

  • 一致する検索結果: <※注1> 小腸の場合は、腸間膜付着側に好発する
    <※注2> 連続切片作成により診断率が向上する。消化管に精通した病理医の判定が望ましい
    <※注3> 典型的には縦列するが、縦列しない場合もある。また、3ヶ月以上恒存することが必要である。また、腸結核、腸型ベーチェット病、単純性潰瘍、NSAIDs潰瘍、感染性腸炎の除外が必要である
    <※注4> 裂肛、cavitating ulcer、痔瘻、肛門周囲膿瘍、浮腫状皮垂など。Crohn病肛門病変肉眼所見アトラスを参照し、クローン病に精通した肛門病専門医による診断が望ましい
    <※注5> 竹の節状外…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.mima-naika.com/crohn/” width=”600″]

12. 肉芽、肉芽腫、膿瘍 – 大橋内科

  • 作成者: ohashinaika.jp

  • レビュー 4 ⭐ (32391 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 肉芽、肉芽腫、膿瘍 – 大橋内科 肉芽腫には肉芽から形成されるものの他、マクロファージや類上皮細胞(腫 … 対してCrohn病では萎縮性の孤立性、非癒合性の乾酪壊死を伴わない類上皮 …

  • 一致する検索結果: 組織にびらんや潰瘍が生じると種々の炎症細胞が遊走され、炎症細胞から遊離される蛋白分解酵素による融解と貪食細胞による壊死物質の吸収が起こります。並行して周囲結合組織の幼若化により肉芽が形成され、欠損組織を補填しながら分化した細胞の再生が起こり、肉芽は膠原繊維に置換されて瘢痕化します。消化管疾患では類上皮肉芽腫はサルコイドーシスやエルシニア腸炎などでも認めますが、代表的疾患はクローン病と結核です。結核でも乾酪(凝固)壊死を認めないこともあり、その際には肉芽腫が大型で癒合性があることでクローン病と鑑別できることがあります。消化管結核は乾酪(凝固)壊死を伴う大きくて癒合性のある肉芽腫が特徴で潰瘍底や炎…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://ohashinaika.jp/column/%E8%82%89%E8%8A%BD%E3%80%81%E8%82%89%E8%8A%BD%E8%85%AB%E3%80%81%E8%86%BF%E7%98%8D” width=”600″]

13. クローン病 | 看護師の用語辞典 | 看護roo![カンゴルー]

  • 作成者: www.kango-roo.com

  • レビュー 4 ⭐ (21673 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 クローン病 | 看護師の用語辞典 | 看護roo![カンゴルー] クローン病(くろーんびょう、Crohn’s disease)は腸粘膜にびらんや潰瘍を … また、内視鏡で病変部の生検を行い、病理学的に非乾酪性肉芽腫の形成を …

  • 一致する検索結果: クローン病(くろーんびょう、Crohn's disease)は腸粘膜にびらんや潰瘍を形成する炎症性腸疾患の一つである。

    【疫学】
    病変は消化管のどの部位(口腔から肛門まで)にも起こり得るが、回盲部に好発し、非連続性の病巣形成(skip lesion)および全層性炎症となることが特徴的である。10歳代後半から20歳代の若年者に好発して、やや男性に多いとされている。

    【症状】
    腹痛(特に右下腹部痛)、下痢、発熱、体重減少などの主症状が認められる。また、クローン病は肛門部病変(肛門周囲膿瘍、痔瘻)を合併することが高頻度であり、ほかに関節炎、虹彩炎、結節性紅斑などの腸管外合併症…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.kango-roo.com/word/13919″ width=”600″]

14. クローン病 (Crohn’s disease):バイオキーワード集 – 羊土社

  • 作成者: www.yodosha.co.jp

  • レビュー 4 ⭐ (31200 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 クローン病 (Crohn’s disease):バイオキーワード集 – 羊土社 組織学的所見としては非乾酪性の肉芽腫を特徴とする.また,リンパ球浸潤,リンパ管拡張を主体とした腸管壁全層にわたる貫壁性炎症がみられる.主な症状としては腹痛, …

  • 一致する検索結果: 1932年にCrohn, B. B.によって体系づけられた炎症性大腸炎.口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に起こりうる.男女比は約2:1で男性に多い.10〜20代での発症が約80%を占める.好発部位は回腸末端部である.組織学的所見としては非乾酪性の肉芽腫を特徴とする.また,リンパ球浸潤,リンパ管拡張を主体とした腸管壁全層にわたる貫壁性炎症がみられる.主な症状としては腹痛,下痢,栄養不良,発熱,貧血,腸狭窄などがあげられる.

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/154.html” width=”600″]

15. 1.炎症性腸疾患の病理組織 – PierOnline

  • 作成者: www.pieronline.jp

  • レビュー 4 ⭐ (33543 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 1.炎症性腸疾患の病理組織 – PierOnline Crohn 病に特徴的な病理組織所見は,非乾酪壊死性類上皮細胞肉芽腫,全層性炎,裂溝・裂溝潰瘍であるが,こうした形態所見の背景には,マクロファージ集簇や肉芽腫形成 …

  • 一致する検索結果: 潰瘍性大腸炎の病理組織像は,炎症時相(活動期,治癒進行期,寛解期)により異なる.長期経過例の陰窩では胃(幽門腺粘膜)化生とも呼ぶべき細胞形質転換が起きている.Crohn 病に特徴的な病理組織所見は,非乾酪壊死性類上皮細胞肉芽腫,全層性炎,裂溝・裂溝潰瘍であるが,こうした形態所見の背景には,マクロファージ集簇や肉芽腫形成によるリンパ管閉塞とリンパ管循環障害,リンパ管に沿った炎症の進展がある可能性を,免疫染色結果と文献的考察から述べる.

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”http://www.pieronline.jp/content/article/0016-593x/66070/745″ width=”600″]

非 乾酪 性 肉芽 腫 クローン 病の手順

Back to top button